多趣味おばちゃん 小学校教員のメモ

気が合う人、教育について語り合おうぞ!学習ソングも作曲中。

生物写真・動画「おおきくなあれ」Eテレ動画に劣らない質と量

この2か月、生活科の生物で盛り上がり続けている私のクラス。

調べ物で検索していて出会ったこのページ、かなりおすすめです。

www.dainippon-tosho.co.jp

生活科等の教科書を作っている会社の一つですよね。

 

このページ、半端ないですよ!質も量も!

しかも、Eテレの動画クリップにはないよさがあるのです。

① 写真+動画なので、

写真+短い解説だけ、短時間で追っていっても見ごたえがあるのがいいところ。

より詳しく見たい時だけ動画を開いたらいいです。

 

② Eテレには動画クリップがない昆虫、その他、

「ウシ」のような動物から、「センダン」のような木まで、

身近なありとあらゆる生物が載っています。

 

③ そして、ライターさん(八木澤 薫さんだそうです)の努力や生物愛が伝わる、

温かい文章も魅力!

例えば、2004年のVOL.6の、「ツマグロヒョウモン」を見てみてください。

5分で終わる蝶の羽化、しかも朝に始まるものだから、出勤で撮れない。しかし、何とか、25匹の蛹の中から休日に羽化したものを撮ったとのこと。リアリティが溢れています!

 

・・・気になって最下部までスクロールしてみると、

なんと1996年から続いているのですね!

24年間も、生物を追い、自然を愛し、撮り、書き綴っていく・・・

壮大なドラマを見ているようです。

ロマンを感じずにはいられません。

 

八木澤薫さん、こちらによれば、こんな方だそうです。

1957年生まれ。玉川大学農学部育種学科卒業。1976年から関東学院大学付属小学校勤務。算数・理科の授業用教材の開発をてがけ、30歳のときからコンピュータで提示する算数と理科の教材の作成を始める

 

 

www.amazon.co.jp

 

美しい写真にうっとりしていましたが、プロの写真家ではなく、小学校の先生だったのですね!それにもびっくり!

必要は発明の母ですね。

 

私も、必要感、使命感にかられて、今日も「漢字絵」と「漢字歌」を開発中でございます。イラスト、作曲のスキルも前よりは上がったかな。。。

その運動遊びは何の技の基?技の系統性

 

最近は、技能の系統性について考える日々です。

 

例えば、体育では、昼休みに鉄棒で、前方支持回転をしたいけどできない子や先生、逆上がりをしたいけどできない子が目の前にいて、見てくれ、教えてくれを言われる。

その子にどんなステップをアドバイスするか。その場で考える。とっさに出てきますか?

 

そして、下手な研修受けるより、そんな場面に遭遇して、自分で必死に考える方が教師の身になるような気がする。

 

例えば、

逆上がりのためには、どんなステップが必要だろうか。何も見ずに考えてみるのはいかがでしょうか。

 

……私がまず考えてみます。

 

ダンゴムシ」で脇を締めて支えることや、

「布団干し」「足ぬき回り」「こうもり」で逆さ感覚。

ではその前の運動遊びのステップは?

 

遊具では

遊具の登る、降りる、横移動で、棒を握る感覚、棒に体を引きつける感覚・・・

ジャングルジムやろくぼくで膝をかける、登り棒二本で逆上がり、逆さま忍者・・・

雲梯で膝をかけて進む「なまけもの渡り」・・・

 

マットでは

カエルの足うち、壁のぼり逆立ち、首倒立・・・

 

親子遊びでは

親子で向き合って手を握り、「お父さんのぼり」や「お母さん逆上がり」・・・

 

……

 

こう考えていくと、低学年をよく受け持つ先生は、余計に、「今の運動遊びが、どんな技につながるか」を意識して授業に臨まなくては!

その「ダンゴムシ」は、逆上がりの基です!

その肋木遊び、のぼり棒遊びでは、登らせるだけではもったいないですよ!!

あんな技、こんな技、しました?!

それ、全部、逆上がりの基の、足抜き回りの基ですよ!!

 

その意味でも、やはり、どの教員も上学年も下学年も受け持つ機会が必要だと強く感じます。

 

感化された方は、同様にして、「前方支持回転」に至るステップを、自力で考えてみましょう!!

 

 

褒め言葉五十音 めざせソムリエ めざせ700

 

五十音で褒め言葉をストックしていきたいと思いながら、していません!(^_^;)

 

「ソムリエは700種類の褒め言葉でワインを褒め称えるそう」

https://t.co/Xrb6JPg0Zt

 

とりあえず、スプレッドシートに枠を作って、クラウド保存、隙間時間に更新だ!

大人も子どもも「鉄棒」熱!

 

体育研究室に所属していた私の血が騒ぎます。

家にある娘の鉄棒で、私も練習するようになりました!大人も使えるものを買っておいてよかった!

前方支持回転などでお腹が痛くなったら、だるま回り。それで肘が痛くなったら、膝かけ。膝も痛くなったら、両膝で地獄、天国。両膝が痛くなったら、プロペラや蹴上がり練習!!笑

 

そして、

ふとんほしや足抜き回りも難しい子でも、そして、平気で連続逆上がりやだるま回りをしている子でも、「できた!」を感じられるように・・・

断然、この一冊です。

理論も実践も。仕事の生産性アップも。

 

例えば、「振り子理論」、改めて意識するようになりました。これまでは人に説明できるほどではなかったなあ。

 

そして、去年の三好先生のツイートを見ていけば、動画も満載。このまま授業に使えるかも!

 

追記2020/06/21

やはりできるとめちゃくちゃ嬉しい!

道徳1~7授業を終えて(東京書籍2年)

休校中に教材研究していた1~7(下記)の授業を終えました。

2年生道徳(東京書籍)1~2の教材研究 - 多趣味おばちゃん 小学校教員のメモ

2年生道徳(東京書籍)3の教材研究 - 多趣味おばちゃん 小学校教員のメモ

2年生道徳(東京書籍)4の教材研究「大すきなフルーツポンチ」 比較・吟味 - 多趣味おばちゃん 小学校教員のメモ

2年生道徳(東京書籍)5の教材研究「いそいでいても」 - 多趣味おばちゃん 小学校教員のメモ

2年生道徳(東京書籍)6の教材研究「ありがとう、りょうたさん」 - 多趣味おばちゃん 小学校教員のメモ

2年生道徳(東京書籍)7の教材研究「わすれられないえがお」 - 多趣味おばちゃん 小学校教員のメモ

 

以前よりもできるようになったと感じることは、

① 資料と指導要領解説を読み、的確なねらいを見定めること

② ねらいに迫ることができる主発問、補助発問を選定すること(考えなくても分かることはさらっと進める。)人間理解、他者理解、価値理解、一般化を多少なり意識して組み立て。

③ 主発問での話し合いや振り返りの時間を確保するために、活動を精選すること

④ 振り返りの問いを、毎時間、ねらいに応じて変えること。バリエーション。

⑤ 主発問で出た各意見の比較・吟味の方法。

⑥ 実生活と結びつけて考えるための手立て。(得意な児童から引き出し、それを広げる。導入での想起を終末に生かす。等)

⑦ 机間指導での見取り、その後の意図的指名。

⑧ 道徳コーナー(後ろの常時掲示)を時短で作成。すぐ更新。

⑨ 低学年の集中力を切らさない、インパクトある説話。

⑩ 全体的に、急いだ感じがなく、余裕がある。

 

児童の姿で成長を感じる点は、

① 書く量、質の高まり。

② 発言の量、質の高まり。「同じです。」「もし…」「Aさんと似ていて、…」なども。

③ 板書を手がかりにして振り返りをする児童が多少なり増えた。

④ 役割演技、動作化とその後のインタビューの定着。

 

 

自分がまだまだだと感じることは、

① 板書。構造的か否か以前に、文字量(多すぎる)や言葉の質。色使い。

② 揺さぶり発問。

③ 児童が児童の発言につなげて発言する。また、同じでも自分の言葉で発言させる。

④ 児童の発言の板書への生かし方。整理の仕方。

⑤ 児童の授業参加率の向上。全体的に「みんなが知的に楽しい」授業。

⑥ グループトーク、ペアトーク等の使い方。

⑦ やっぱり振り返り。ねらいに照らした振り返り。まだまだ分からない。

⑧ 自我関与のさせ方。「自分だったら」をあえて使うなら、そのタイミング。

⑨ 人物の心情を問う発問と、そうでない発問の使い分け。

「なぜ」と問う等、外側発問でも、人物批判的にならずに、人物の心情を踏まえた上で自我関与させながら考えを深められるように問うことができる(内側発問的に使う)と手応えを得たので、それを磨いていくこと。

⑩ 葛藤「自分A 前向きな心」「自分B 後ろ向きな心(悪魔のささやき)」の両方をできるだけ全員が考え、さらにそれを話し合いで整理すること。

⑪ 役割演技 同じ子数人が毎回やっている現状打破と、間延びの改善。

上記10のAとBの真ん中で立つ役を設定してみたが、前に出る子が多く、また発言が長くなると、間延びして観衆の集中度が低くなる。その上、教師は板書にまとめづらい。

やはり「間口は狭く」がよいように感じる。特に低学年。

 

 

本当はまだまだあるのですが、、、

 

そして、特に感じているのは、このツイートと重なります。

 

揺さぶり、切り返し一つで、深さが変わる。

 

さて、明日からも精進します。

日本学術会議「道徳科において「考え、議論する」教育を推進するために」

https://www.kyobun.co.jp/news/20200611_01/

教育新聞の記事です。(会員限定)

小中学校で教科化された道徳について、日本学術会議は6月9日、哲学や倫理学、宗教学などの観点から道徳教育の方向性を検討した報告書を公表した。教科化された道徳教育の問題点を指摘しつつ、哲学的思考の導入やシティズンシップ教育との接続を図り、「考え、議論する道徳」を推進していくべきだと提言した。

そこでネットで探してみると、ありました!

日本学術会議

http://www.scj.go.jp/

この2020年6月9日のところです。

報告「道徳科において「考え、議論する」教育を推進するために」(PDF形式:677KB)

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-h200609.pdf

 

 

例えば5ページにはこうあります。

道徳教育も、ただ国家の役に
立つ人間とするためだけに用いられた時、教育は民主主義を成立させる成熟した一人ひとりの個人を育てるものはなくなり憲法で謳われている教育の理念からも離れてしまう。かつて日本が世界に対して犯した大きな過ちを繰り返さないためにも、また、劇的な変化を遂げている世界に対し、国家や民族の枠を超えて貢献をなすことのできる人間を育てるためにも、道徳教育が、国家主義的な、すなわち、個人の人権が「国家の利益」とされるものの前に蔑ろにされるようなものになってはならない。


文部科学省が、ホームページ上で、以上のような回答を明示しているにもかかわらず、なお本分科会が上記のような道徳教育への危惧を表明するのは、教科書などに自己犠牲を美化して推奨するかのような素材が見当たるからである。

教科化されるということはそれらの検定教科書を用いなければならないということである。自己犠牲そのものが全て直ちに国家主義に通じるわけでないが、複数の教育学の専門家が指摘しているように、教科書に見当るいくつかの素材には、個人の権利よりも組織(学級)や社会、既存のルールを優先させるかのような考えを推奨してしまう危険性が見受けられる。

 

絵本の中での擬人化という相応しくない(問題を単純化し、既成道徳に批判的視点なく従うべきことをメッセージとしている)方法によって、自己の伸長を願う者たちを非難し、他者や社会のための自己犠牲を求めるかのような教科書素材が散見される

(小学校の教科書での「かぼちゃのつる」(東京書籍1年生用))、

「手品師」(日本文教出版6年生用)、

「星野くんの二塁打」(学校図書6年生用)など)。

それらの素材では、自己と他者の間の不公平や社会制度の不公平の可能性については問題とされずに、現在の状況や慣習・制度が自明視されてしまっている。これでは、自己の不利益を軸に他者や社会を問い直すことはできず、自己と他者・社会とが一方的で非対称的な関係になってしまう。

 

8ページにはこうあります。

道徳の問題を「心の問題」にしてしまう傾向は、専門用語で「心理主義化」と呼ばれる。心理主義化とは、本来は政治的・社会的・経済的な問題を個人の心の問題にすり替えてしまう操作を指す。例えば、障害者が権利として主張すべきところが、その声を聞くのではなく、健常者の「思いやり」へと問題がすり替えられてしまうといったことである。道徳の心理主義化は、以前の「心のノート」に関する批判でも指摘されていたが、この点はいまだに改善されていないという研究が出ている。こうした心理主義への
傾斜は、元々、日本の道徳教育が「心情主義」、すなわち、国語教育における心情理解に近い方法論を伝統的に取ってきたことから来ているかもしれない。

 

……その後の各項目も、示唆に富んでいます。

私の好きな苫野一徳氏の主張についても触れられていますね。

 

我々、道徳教育の指定を受けてから日々道徳のことを考えています。そうなるとつい「指導要領解説が全て」みたいになりがちなのですが、

こういう時こそ、広い視野をもって研究にあたらねばと改めて気付かされました。

 

目次の一部を掲載します。

現在の道徳教育の四つの問題点
(1)国家主義への傾斜の問題 

(2)自由と権利への言及の弱さの問題

(3)価値の注入の問題

(4)多様性の不十分さへの危惧


よりよい道徳教育のための四つの展望

(1)哲学的思考の導入

(2)シティズンシップ教育との接続

(3)教員の素養と教員教育

(4)教科書の検討と作成

 

 

…毎日バタバタして、月額有料の「教育新聞」もたまにしか読まないけれど、こういう記事に出合わせてくれるからやめられないんですよね〜

コロナ対策の交流+α【付箋ペタペタ。クラスで30発見!】

必要は発明の母ですね。

①コロナ対策 ②40分授業対策。時短。 ③みんなが生き生き!

④ヒーロー・ヒロインが誕生 ⑤クラスで達成感! 

⑥足跡が残るから評価にも生かせる

 

 

 

 

「プチ道徳」 ちょっとした授業の1コマが

本市のキャリアアルバムにこの項目がありました。

4、みんなのためにがんばること」

 

先生、これがよく分からない」「難しい」と何人かが質問してきたので、

みんなで考えてみようやと投げかけたのです。

すると、真っ先に出た意見が、

「あいさつ」でした。

反応が今一歩だったので、「あいさつが『みんなのためになる』と思う人」と挙手を求めると、半数くらい。「いや、あいさつは『みんなのためになることではない』と思う人」では数名。「よくわからない人」では数名。

 

「どんなふうにみんなのためになるの?」と尋ねると、「例えば、おはようと言われたらうれしくなる。」「気持ちがよくなる。」と返ってきて、ほとんど子が賛成しました。

 

「めんどくさい」とつぶやく子がいましたが・・・めんどくさい時もあるんだね、と認める心の余裕がありました。(以前の私は少しムッとしていたと思います。)

 

そしてその子は「先生のためやん」ともつぶやいていたのです。

あいさつは先生にするものだと感じているのでしょう。

または、先生に注意されるからあいさつをしているのかもしれない。「どうしてそう思うのか教えて」等と聞いてみればよかったけど…流してしまいました。

「先生だけじゃなくて、地域の人も友達もうれしくなるよ」と他の子がつぶやいて、話し合いは次の意見へと進みました。

 

 

このようなちょっとした場面での対話が楽しくてたまりません。

授業のよさを感じた登校日でした。

Microsoft Forms マイクロソフトフォーム試用中

① 始め方

そもそも、マイクロソフトフォームは、ブラウザで、検索エンジンで「Microsoft Forms」と検索し、

https://forms.office.com/Pages/DesignPage.aspx

こちらに飛んだら、自分のアカウント内の過去に作ったデータが見られる仕組みになっているのですね。GoogleでいえばGoogleドキュメントにアクセスする感じです。

 

② 分岐

今日は「分岐の追加」の意味が分かりました!試行錯誤あるのみ!

 

③ それと、はてなブログの場合は、「HTML編集」で埋め込みコードを貼り付ければ、このように埋め込めることも思い出しました!noteでも簡単に埋め込めるとありがたいのですが。

 

④ 集計結果の表示

これが納得いきません。Google Forms だったら、回答した後に他の回答者のデータも含めた結果のグラフ等がすぐ見られたのに、Microsoft Formsではどうやったら見られるのかよく分かりません。今後の課題にします。

 

f:id:shochandoeeeesu:20200515083135j:plain

 

作成者は「応答」タブから見られますが、回答者はそれはできないと思います。みなさん、いかがですか?集計結果、見られます??

Excelのリンクを貼ろうと思ったけれど、端末にダウンロードされ、それを共有する形になるので、リアルタイムで反映されるGoogle Forms のスプレッドシート共有とは少し違いますね。個人的にはGoogle Forms の機能がありがたいです。

f:id:shochandoeeeesu:20200515083153j:plain

 

 こちらは、「3密せず、息が上がらずにできる遊び」の募集です!切実です。どうぞご協力ください。

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=DQSIkWdsW0yxEjajBLZtrQAAAAAAAAAAAAO__a6MEH1UM1QxUUdXSTVHRFExNlVQMTZPS0ozQ0k1UC4u

 

「思考ツール」を使いこなせる人に、私はなりたい。宣言

①授業だけでなく家庭学習でも、作文もだけど「思考ツール」を使って何かについて考え交流することを計画的に行っていけたらな・・・

②「思考ツール」を教職員がまず使うように、特活通信に思考ツールを混ぜ込んだものにできないかな・・・

と、春の夜長にいろいろ思い浮かび、

「思考ツール」をググってみると、

自分のブログが7番目くらいに出てきた!!!!

shochandoeeeesu.hatenablog.com

だから最近一日あたりのアクセス数が安定して30くらいなんですね。

 

さて、この思考ツール。

私はこちらのページの一番下にあるPDFを

schit.net

① 印刷して家の壁に貼りました。

② OneNoteに貼って、いつでもiPadやどのパソコンでも開けるようにしました。

③ 職員室の壁にある6年前の掲示物をはがしてそこに貼ろうとしています。

 

でも、結局、使わないと体に染み込まないんですね。

使いたい、使って思考を深めたい、という動機はあります。だから、使います!!宣言!!

そして同僚と使えるようになりたいです!!

 

つづく